伸びてしまったセーター(ニット)を元に戻す方法

伸びてしまったセーター(ニット)を元に戻す方法

セーター(ニット)などは、着ていると袖口や首周りが伸びてしまうことがあります。

しかし、これはアイロンを使えば元に戻すことができます。

アイロンといっても使うのは蒸気。

今のアイロンはスチーム機能が付いているので、これを利用します。

(1)アイロンの蒸気をあてる

まず、セーターの伸びてしまった部分にアイロンの蒸気だけをあてます。

アイロンは直接あててしまってはいけません。ギリギリのところで、蒸気のみをあてます。

蒸気をあてることによって、セーターの繊維を蒸らし、柔らかくします。

これによって、セーターの形が整いやすくなります。

(2)蒸気をあてた部分を手で握る

次に、蒸気をあてた部分を手でギュッと握ります。

すると、セーターの生地がよってきます。

(3)アイロンを軽くあてる

最後に、生地がよった部分を、アイロンでポンポンと軽く当てながら、生地の形を整えます。

すると、伸びてしまったセーター(ニット)が、買った時のように、きれいな形に戻すことができますよ!

スチームアイロンなら、「TOSHIBA Lacoo」が人気です。

TOSHIBA Lacoo コードレススチームアイロン TA-FV61(L) メタリックブルー
TOSHIBA Lacoo コードレススチームアイロン TA-FV61(L) メタリックブルー

シンプルピュア スチーム アイロン台 H-3061
シンプルピュア スチーム アイロン台 H-3061

藤原さんちの毎日ごはん
藤原さんちの毎日ごはん (別冊すてきな奥さん) 1週間6000円で作れる家族4人分のレシピ121個